AIONの評価【バイナンス取扱銘柄】



ブロックチェーン相互運用同盟を発表した3社(Aion、ICON、Wanchain)のうち、AIONをご紹介!

AIONの概要

Point・ブロックチェーンの相互運用を目的とした多層ブロックチェーンシステム
・世界で初めての第3世代ブロックチェーン

AION は、民間や公的機関に次のことを適用できる第3世代のブロックチェーンネットワークです。
• AionコンプライアントブロックチェーンとEthereum間でのデータや価値の送信。
•すべてのAionブロックチェーンに迅速な取引処理と増設したデータキャパシティの提供。
•他のブロックチェーンとの相互運用性を維持するカスタマイズされた民間や公的機関のブロックチェーンの創造を許可し、かつガバナンス、コンセンサスの仕組み、発行、参加の選択を許可。

AION ネットワークのルーツには AION-1 と呼ばれる目的によって築かれた、公共の第3世代のブロックチェーンがあり、他のブロックチェーンへの接続や自身の強靭なアプリケーションを管理するよう設計され、エコシステムにおける相互運用性を奨励する経済システムも提供します。
AION のトークンは新しいブロックチェーンを作成するために使われる燃料であり、チェーン間のブリッジを現金化し、ネットワーク全体を保証します。

AIONの基本情報

AIONのコインデータ

名前AION
コイン名AION
価格(1枚当たり)下記参照
市場供給枚数61,299,856
最大供給枚数465934587(合計供給枚数
ウォレットなし
URLhttps://aion.network

AIONの相場

AIONの評価

複数のブロックチェーンに互換通信の機能を持つソリューションは、今後、ブロックチェーンのアプリケーションが世の中に普及した場合、単独のブロックチェーンを提供するところよりも期待が持てます。
企業や自治体がブロックチェーンを基幹システムに導入することが考えられますが、それらが同じソリューションで開発されることはまずありえないので、他のブロックチェーンとの相互運用の範囲が広がってくるとAIONトークンの価値は上がるのではないでしょうか。

2週目の際により細かく記載する予定です。