ADA(Cardano)の評価【バイナンス取扱銘柄】



今回は、チャールズ・ホスキンソン氏が開発しているADA(Caedano)をご紹介!

ADA(Cardano)の概要

Point・科学哲学と研究主導型の次世代ブロックチェーンプラットフォーム
・ウロボロスと呼ばれる革新的なプルーフオブステークアルゴリズムを使用

Cardanoは、暗号の通貨が設計され、開発される方法を変える努力として、2015年に始まったプロジェクトで、開発チームは世界中の優秀な開発者や科学者から構成されています。
Cardanoは、まだ開発されていないプロトコルよりも高度な機能を備えた次世代のブロックチェーンプラットフォームで、世界各地から集まった当社の大規模なエンジニアと研究者チームは、アルゴリズムであるウロボロスを組み込んでいます。
Cardanoは、分散された公開ブロックチェーンと暗号化プロジェクトであり、完全にオープンソースです。
カルダノは以前開発したプロトコルよりも高度な機能を提供するスマートな契約プラットフォームを開発しています。
Cardanoは、科学哲学と研究主導型のアプローチから発展する最初のブロックチェーンプラットフォームです。
カルダノの開発チームは、巨大なグローバルエンジニアと研究者で構成されています。
カルダノは分散型のプラットフォームであり、非常に安全なHaskellプログラミング言語で構築される最初のブロックチェーンの1つです。

ADA(Cardano)の基本情報

ADA(Cardano)のコインデータ

名前Cardano
コイン名ADA
価格(1枚当たり)下記参照
市場供給枚数25,927,070,538
最大供給枚数45,000,000,000
ウォレットあり
URLhttps://www.cardanohub.org/

ADA(Cardano)の相場

ADA(Cardano)の評価

この記事を書いている時点で、ADA(Cardano)の時価総額がTOP5に迫る勢いです。
コインの単価は、他の有力銘柄と比較すると見劣りしますが、発行枚数が桁違いに多い(現時点で第6位)ので
仮に1ドル程度まで値があがるとBCHクラスに躍り出ます。
プラットフォームの特徴が掴めていませんが、オンラインカジノのプラットフォームと言われていますので、
カジノ内での流通がメインになってくること、ユーザーがウォレットで管理することを考慮すると、
メダルの価値が市場で決まるゲームセンターをイメージしてしまいます。
そのため、キラーコンテンツによってコイン価値が変動するものと考えます。

2週目の際により細かく記載する予定です。