仮想通貨PIVXってどうなの?【binance取扱銘柄】



BitcoinとDASHをベースにしたオープンソースの暗号化通貨のPIVXを紹介!

PIVXの概要

Point・bitcoinとDashの特性を持つ暗号匿名通貨
・10000PIVXでマスターノード設置

BitfinexやYoBitで取り扱いをされていましたが、やっとBinanceにも上場しました。
以前までは、Bitcoinと同様でPoWでしたがウォレットに入れて開きっぱなしで勝手に増えるPosになりました。これは、所持枚数によって変わりますが、全体的に利益を分配するようになったのではないでしょうか。(正しくはステーキングになります)
また、10,000PIVXでマスターノードを立てれるのですが、今の価値で1千万以上になるので今から買い集めるのは至難です。

PIVXのロードマップ

2018 Q1 iOSウォレット・ウォレットのデザイン変更・投票機能・自動バックアップ
2018 Q2 zDEX
2018 Q4 ブロックサイズ調整等

各種ウォレットを充実させた後に、後半使い勝手のいい改良が入るという流れです。ブロックサイズの調整は、BCHの流れを意識しているのでしょうか。

PIVXの基本情報

PIVXの評価

BitcoinとDashのいいとこ取り!って聞くと凄くワクワクしますが、暗号通貨は規制対象になりやすいので、今の段階では少しリスキーなのかもしれません。ただ、PoWからPoSは、時代の流れでしょうか。Ethereumも今後Posに切り替えていくことを公表しています。
発行枚数が無限となっているところは、急激にPIVXの価値が上昇しない要素になるため、使い勝手は良いと判断しています。

ネックは暗号通貨であることのみです。暗号じゃなかったら買い集めてました。
世間では、中央集権化でcoinの情報が把握できる強みがCoinCheck事件からスポットが当たっていますが、仮想通貨がポピュラーになればなるほど、PIVXの価値は高まります。