仮想通貨Bottos(BTO)ってどうなの?【Bibox】



今後、binance(バイナンス)に上場が考えられるBottos(BTO)をご紹介!

Bottos(BTO)の概要

Point・分散AIデータ共有ネットワーク「DataMarket」の構築
・ハードウェア共有ネットワークを実装してAI製品の登録と通信を合理化

binance(バイナンス)では、頻繁に新しい仮想通貨が上場していますが、今年の傾向として、AI関連の仮想通貨が市場で盛り上がっています。
AI基盤の開発をしており、有力なパートナーと組んでいるところを発見しました!
今時点では、Biboxでしか取り扱いがないので、今後、binance(バイナンス)に上場する前に投資しておきましょう。

Biboxは、英語のみなので登録方法がわかりにくい方は、下の記事を参考にしてください。

海外取引所Biboxの登録方法

2018.01.28

Bottos(BTO)のプラットフォーム

Bottosプラットフォームは、AI、ロボット、Internet of Things(IoT)、VR / ARの分野に必要なデータを簡単かつ安価に収集し、配布し、処理することができます。
Googleをはじめとする大企業のみが、所有しているためにデータが高価で入手が困難な状態に対してアプローチすることが目的になっています。

具体的な活用方法として、AI企業がAI音声認識ソフトウェアのような大量のデータを必要とするプロジェクトを作成する場合、BottosプラットフォームからBTO(Token)を支払うことで安価にデータを購入します。
また、提供するデータは、あらかじめ格付けシステムによって、複数分野のデータがBottosプラットフォーム上に蓄積するため、質の確保を図っています。

AI開発企業が今後もトレンドになると思いますが、そのAIのためのデータ蓄積及びAI分析を特徴とすることはとても需要があるのではないでしょうか。

Bottos(BTO)のロードマップ

先日、Tokenが販売されたので、今後は3月と5月に実施されるプラットフォームの改善がポイントとして挙げられています。既にシステムがあることは仮想通貨界隈で評価できると思います。

Bottos(BTO)のパートナー

BottosはARM Innovation Ecosystem Accelerator(ARM社)によってインキュベートされたスタートアップであるため、ARM AI Consultingグループが協力企業として提携しています。
また、多くのAI企業に投資しているDraper Dragon Fundから支援を受けて戦略パートナーシップになっています。

Bottos(BTO)ってどうなの?

Bottos(BTO)の価格は、下のとおりです。

2018年の1月時点では、まだ$0.2で、時価総額は下から数えたほうが圧倒的に早い状態です。
今年は、AI関連の仮想通貨に注目されていること、オフィスが中国からアメリカに移動したこと、
パートナーにARM社がいることを考えると、これから盛り上がってくるのではないでしょうか。
海外の投資家では、$3~$4が目標と考えられているため、上場箇所が少ない今が買い時です!

Biboxは、英語のみなので登録方法がわかりにくい方は、下の記事を参考にしてください。

海外取引所Biboxの登録方法

2018.01.28